シンガポールの年間天気:各月の天気予報

10月 13, 2023
Singapore's Weather Year-Round: What to Expect Each Month

各月にお天気ストーリーがあるシンガポールのカレンダーを探検しよう。 赤道直下に位置するシンガポールは、太陽と雨、そしてその中間を含む興味深い気象パターンを持っている。 これらのヒントは、シンガポールに来るにせよ、シンガポールに住むにせよ、自分の行動を計画するのに役立つだろう。 それでは、シンガポールを一年中訪れるのに最適な場所にしている、具体的な天候の傾向を見てみよう。

1月涼しい風とシャワーで新たなスタート

シンガポールの1月は、涼しい風と散発的なにわか雨で迎えてくれる、穏やかな年の幕開けのような季節だ。 今月は北東モンスーンの季節の中心に位置し、典型的な熱帯の暖かさとは対照的な爽やかさを提供してくれる。

  1. 1月の天気– シンガポールの1月は、涼しい方と思われがちだ。 気温は24℃から30℃の間で快適に推移し、地元の人々にも観光客にも快適な環境を提供している。 空は太陽と雲が戯れるように混ざり合い、雨は短く、時には鋭く降り、その存在をアピールする。 こうしたにわか雨はたいていつかの間のもので、空気はさわやかで爽快だ。
  2. 雨の日も晴れの日もアウトドアを満喫 – 雨が降ることもある1月だが、シンガポールのアウトドアスポットを訪れるには絶好の月だ。 シンガポールの植物園を散歩したり、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイで賑やかな光景を楽しむには、空気がひんやりしているので絶好の季節だ。 これらの場所には屋根付きのエリアがあり、雨が降っても花や植物を楽しむことができる。
  3. 祝祭の雰囲気と屋内代替施設 – 収穫と賛美を祝うインドのポンガル・フェスティバルのようなイベントは、1月のホリデー気分を盛り上げる。 シンガポールの屋内スポットを訪れるには絶好の季節だ。 アートサイエンス・ミュージアムやナショナル・ギャラリー・シンガポールのような博物館は、雨の日の散策にぴったりの文化的で芸術的な隠れ家だ。
  4. 誰もが楽しめる1月– 1月のシンガポールの気候は、外の涼しい空気を楽しみたい人にも、家の中で暖かく過ごしたい人にも、誰にとってもちょうどいい。 今月の穏やかな気候は、あたたかい抱擁のようで、楽しみと休息を織り交ぜながら新年を迎えるには最高だ。

1月のシンガポールは、のんびりとしたペースで展開し、遊び心のある予測不可能な空の下でその楽しみを味わうよう誘う。 フレッシュな時期であり、1年の涼しげな始まりであり、これから始まる数ヶ月の舞台となる。

2月穏やかな気候とお祭りのロマンス

シンガポールでは、2月はホリデーシーズンの陽気な空気に包まれ、気候も暖かく過ごしやすい。 北東モンスーンの季節はほぼ終わったが、街はまだ涼しい空気と徐々に暖かくなる日を楽しんでいる。

  1. 暖かい気候への穏やかな移行– 2月のシンガポールの気候は、涼しい夜が続いた後、徐々に暖かくなっていくように感じることが多い。 25℃から31℃になると平均気温は上がり始めるが、涼しい風が吹いているため暑さは和らぐ。 1月ほどではないが、まだ雨は降っている。 降るときはたいてい、すべてを輝かせるような短い冷え込みとなる。
  2. 鮮やかな色彩で旧正月を祝う– 今月はシンガポールで最も重要なお祭りのひとつである旧正月のお祝いで色鮮やかに彩られる。 通りは、幸運と繁栄を象徴する赤と金の装飾で飾られ、準備で賑わう。 天候はこれらのお祭りを完璧に補完し、しばしば晴れ、夕方は涼しく、ナイトマーケット、野外パフォーマンス、家族団らんなど、お祭りを彩るのに理想的である。
  3. 文化探訪に最適な時期– 2月の過ごしやすい気候は、探検を後押しする。 シンガポールの文化的タペストリーを掘り下げるには絶好の機会だ。 歴史的なエリアであるチャイナタウンやリトル・インディアを散策したり、賑やかなマーケットや教会に出かけてホリデー気分を盛り上げよう。 少し暖かい午後は外でくつろぐのに最適で、涼しい夜は賑やかなナイトライフをチェックしたくなる。
  4. 2月のインドア・エスケープ– 時折降る雨の日のために、シンガポールには数多くのインドア・アトラクションがある。 エスプラネードで芸術に触れたり、マリーナ・ベイ・サンズの劇場でショーを観賞したり。 2月の天候は、屋内の快適さと屋外の冒険というバランスのとれた体験をサポートしてくれる。

シンガポールの2月は、気候が暖かく、文化的なイベントが盛りだくさんなので、お祝い事にも静かな散策にも最適な月だ。 この月は天候も楽しさに加わるようで、街の鮮やかな美しさを見るには最高の時期だ。

3月暖かい日々への移行

シンガポールの3月は、初夏の涼しさから熱帯の暖かさへと穏やかに移り変わる季節だ。 北東モンスーンに別れを告げ、街は穏やかな空と気温の上昇を迎え、夏の暖かさの到来を告げる。

  1. 暖かい日、明るい空– 3月になると、シンガポールの天気は微妙に暖かくなる。 平均気温は上がり始め、26℃から32℃になる。 気候は暖かくなるが、まだいい。 都会では雨が降っても、今月の天気の主役ではない。 その代わり、シャワーを浴びる回数が減り、時間も短くなる。 このシフトにより、空は晴れ渡り、太陽はより大胆に輝き、日は徐々に長くなる。
  2. 太陽の下でのアウトドア・アドベンチャー– 今なら外でできることの方が楽しい。 人々はシンガポールの公園や庭園でジョギングをしたり、自転車に乗ったり、食事をしたりするのが好きだ。 イースト・コースト・パークとサザン・リッジズがその例だ。 また、ビーチには日光浴を楽しむ人々や、暖かいがまだ穏やかな日々を満喫しようとウォータースポーツを楽しむ人々も増え始める。
  3. シンガポールの都市景観を探索する– 3月の気候はシンガポールの都市を観光するのにも適している。 マリーナ・ベイのストリートでアートを眺めるのもいいし、マーライオンのフィギュアで知られるマーライオン・パークを訪れるのもいい。 暖かい夜は、賑やかなナイトマーケットをチェックしたり、このエリア全体を見渡せる屋上で食事をしたりするのに最高だ。
  4. 暑さからの屋内退避– 日が暮れるにつれ、涼しい屋内にいたくなるかもしれない。 ショッピングモール、博物館、美術館など、シンガポールでの楽しみは尽きない。 今ならナショナル・ギャラリー・シンガポールのような美術館や、オーチャード・ロードのショップを訪れるのに最適な時期だ。

シンガポールの3月は、夏の訪れを感じさせる季節の変わり目だ。 涼しさの名残と熱帯の暖かさを併せ持つこの月は、屋外の探検と屋内のレジャーの両方にバランスの取れた体験を提供する。 3月のシンガポールは、暖かな昼とそよ風の吹く夜のシンフォニーに包まれ、刻々と変化する空の下で一瞬一瞬を味わうことができる。

4月暑さへの序曲

シンガポールの4月は、近づいてくる熱帯の暑さにそっと抱かれる月だ。 街は少し明るく照りつける太陽と、雲の少ない空の下に包まれる。

  1. 暖かい日がやってくる – 4月にシンガポールの気候が暖かくなり始めると、1年のうちで本当に暖かい季節が始まる。 気温が変化し、空気は27℃から33℃とかなり暖かくなる。 雨はあまり降らないし、降ってもまた晴れるまでの短い時間しか降らない。 より多くの水蒸気が空気中を循環しているため、街は一日中、そして夜まで暖かく感じられる。
  2. 暑さのピークを迎える前に、屋外で過ごす – 4月はまだ暑すぎず、外で何かをするには良い月だ。 シンガポール川沿いを散歩したり、朝一番にフォート・カニング・パークに行くととても静かです。 クラーク・キーやボート・キーのような賑やかなストリート・ライフを楽しむには、微風が吹く夕方もいい。
  3. シンガポールの水辺で涼む– ようやく暖かくなってきた4月は、シンガポールの美しい水辺を訪れるのに絶好の季節だ。 マリーナ・バレージからは美しい景色を眺めることができる。 ピクニックや凧揚げにも最適なスポットだ。 セントーサ島のビーチは、ただ砂浜に寝転んだり、海で涼んだりするのにいい場所だ。
  4. 午後の暑さをしのぐ屋内リトリート– 4月になって暖かくなってきたので、シンガポールの美しい水辺を訪れるには絶好の季節だ。 マリーナ・バレージは、ランチを食べたり、凧揚げをしたりするのに、景色がよくて開放的なスペースだ。 セントーサ島に行って、そこのビーチでチルアウトするのもいい。 ヤシの木の下に座ってもいいし、水の中に足を入れてもいい。

シンガポールの4月は、暑さのピークが来る前の穏やかな最後の日々を楽しもうという暖かい誘いだ。 屋外での探検の楽しさと涼しい屋内空間の快適さが融合し、すぐそこまで来ている南国の夏を味わえる月だ。

5月暖かさが増す

シンガポールは5月に入ると暖かさが増し、太陽と熱気が街を鮮やかに彩る。 今月は熱帯の夏への明確な一歩となり、街は明るい空の天蓋の下で脈動し、時折爽やかな雨が降る。

  1. 熱帯の暑さを受け入れる– 5月、シンガポールはその赤道直下の気候を完全に受け入れる。 気温は28℃から34℃と快適で、街を暖かく包み込む。 湿度も上昇し、空気に青々としたトロピカルな雰囲気が加わる。 雨の降る頻度は少ないが、雨が降れば、多くの場合、午後遅くか夕方に歓迎され、元気を取り戻す休息をもたらしてくれる。
  2. 早い時間帯のアウトドア活動– 5月の暖かい気候は、涼しい時間帯に何かをすることを楽しくさせる。 イースト・コースト・パーク(East Coast Park)の美しい散歩道は、早朝にランニングや乗馬を楽しむのに最適だし、ブキ・ティマ野生動物保護区(Bukit Timah wildlife Reserve)の野生動物の足跡は探検に最適だ。 シンガポールのこれらの緑豊かな地域は、木陰の小道や涼しい微気候で、都会の暖かさから逃れてリフレッシュできる。
  3. 水辺のレジャーと夜の散歩– また、5月はシンガポールの水辺を楽しむのに絶好の月だ。 夕方、マリーナ・ベイのプロムナードは開放的で、日が沈むと街の美しい景色を眺めることができるからだ。 クラーク・キーやロバートソン・キー沿いは、ナイトライフが賑やかで活気にあふれている。
  4. 屋内の涼しい隠れ家– シンガポールには、午後の日差しを避けたい人のための涼しくて楽しい屋内アクティビティがたくさんある。 セントーサ島のS.E.A.水族館で海中の生物について学んだり、サイエンス・センター・シンガポールの未来の迷路に迷い込んだり。 多くの店舗やレストランがある市内のショッピングモールは、暑さから逃れて冷房の効いた中で買い物や食事をしてリラックスするには絶好の場所でもある。

シンガポールの5月は太陽の祭典である。 街は生命と幸福に輝いている。 今月は、朝早くから夜遅くまで冒険の旅に出るべきですが、午後はのんびりと、日差しの美しい暖かい気候を満喫してください。

6月南西モンスーンの始まり

シンガポールでは6月から南西モンスーンの季節が始まる。 この時期は天気がコロコロ変わる。 今月は天候がゆっくりと変化している。 街は晴れの日と雨の日が混在しており、ムードは常に変化し、活気に満ちている。

  1. 天候タペストリーの変化– 南西モンスーンが通過すると、天候は少し変化する。 6月の気温は28℃から32℃と暖かいが、風が強くなる。 一般的に、この月は晴れの日と雨の日が混在する。 雨の日はたいてい短く、午後か夕方に降ることが多い。
  2. モンスーン風アウトドア・アクティビティ– 6月の不安定な天候は、外で何かをするには絶好の時期だ。 天気のいい日には、セントーサ島やイースト・コースト・パークのビーチで日光浴をしたり、ウォータースポーツをしたり、家族で食事をしたりする人が多い。 風が強いので、マリーナ・バレージのような開けた場所で凧揚げをするには絶好の季節でもある。 雨が降ると、ボタニック・ガーデンのような市内の公園は、青々とした植物が雨粒で輝き、美しく見える。 散歩したり写真を撮ったりするには、平和で美しい場所だ。
  3. モンスーンの季節のお祭りとイベント– 6月にも楽しい集まりやイベントがたくさんある。 明るい光とナイトマーケットで、ハリ・ラヤ・プアサのイベントはゲイラン・スライのような場所をパーティーのように盛り上げる。 例年6月に開催されるシンガポール芸術祭では、屋内外でショーが行われる。 雨が降っている間に文化を楽しむのも一興だ。
  4. 屋内観光と体験– 屋内にいたいなら、シンガポールの屋内観光スポットにはたくさんの楽しみがある。 リー・コン・チアン自然史博物館には、自然に関する素晴らしい展示がある。 オーチャード・ロードやビボシティはショッピングに最適な場所だ。 街の真新しい映画館で映画を見るのもいいし、涼しい午後には雨の見えるカフェでのんびりするのもいい。

シンガポールの6月は極端な月だ。 日中は暖かく、午後は雨が降ることもある。 南西モンスーンからの涼しい風が天候をさらに良くしている。 今こそ創造力を発揮し、アウトドアを楽しむ時だ。 雨が降り始めたら、屋内のアクティビティを楽しむことができる。

7月蒸し暑い日々

シンガポールの7月は、真夏の南国を満喫する季節だ。 街は南西モンスーンの季節を迎え、蒸し暑い日が続き、時折雨も降る。

  1. 熱帯の暑さ – 今月、シンガポールは気温が29℃から31℃の間で推移することが多く、湿度も高いため、空気が暖かく包まれる。 暑さは手に取るようにわかり、外に出るとすぐに毛布のように体を包み込む。 降雨は散発的で、通常は短く鋭いにわか雨が降り、暑さを短時間和らげてくれる。
  2. 早朝に屋外の楽しみを求める– 外でできる楽しいことのほとんどは、7月の早朝にできる。 ブキ・バトック・ネイチャー・パークなどに行ったり、ヘンダーソン・ウェーブス・ブリッジ沿いをゆっくり散歩したりするには、暑さがそれほどひどくないこの時期がいい。 夜明けの涼しい時間帯は、正午の太陽の暑さを感じることなく、シンガポールの美しい自然を楽しむのに最適だ。
  3. 夕暮れ時のエスケープ– シンガポールの気温は、昼が終わり夜になるにつれて過ごしやすくなる。 今ならナイトマーケットをチェックしたり、ラウ・パ・サットのような屋外で食事をしたり、クラーク・キーの活気あるシーンを楽しんだりできる。 7月になると、涼しい夜空を楽しむために世界中から人々が集まってくる。
  4. 真昼の太陽からの屋内退避– 日中の暑さのピーク時には、シンガポールの数多くの屋内アトラクションが救いの手を差し伸べる。 マリーナ・ベイ・サンズのショップスのようなエアコンのあるショッピングモールは、安全で快適な隠れ家となる。 ナショナル・ギャラリー・シンガポールのような美術館で暑さを忘れるのもいいものだ。 これらの博物館には、街の文化情報もたくさんある。

蒸し暑い日中が徐々に涼しく活気のある夜へと変わるシンガポールの7月は、両極端な土地である。 南国のリズムに合わせ、早朝と深夜は外で過ごし、日中は屋内でくつろぐなど、計画を変えるべきだ。 シンガポールは熱帯気候に属し、今月は暖かく活気のある街を体験するには絶好の時期だ。

8月乾燥して風が強い

8月、シンガポールの天候は微妙に、しかし顕著に変化する。 今月は例年、涼しい日が続き、心地よい風が吹く。 通りや空き地を吹き抜ける微風のせいで、この時期の街はより開放的で生き生きとしている。

  1. 湿気からの解放 – 8月の天候は湿度が低く、暖かさがより堪えやすくなる。 気温はまだ27℃から31℃程度だが、空気は重くなく、空は晴れて明るいことが多い。 降雨の頻度も少なく、雨が降ったとしても短時間ですがすがしく、空気が澄み渡り、熱帯の気候では不足しがちなさわやかさをもたらす傾向がある。
  2. アウトドア探索に最適な気候– 穏やかな気候の8月は、アウトドア・アクティビティに理想的な月です。 気候が暖かくなると、シンガポール植物園やマクリッチー貯水池のような場所がさらに良く見える。 このような緑地への旅行を楽しむことができる。 ビーチで一日遊んだり、自転車で島を一周するのも外での楽しみ方のひとつだ。
  3. そよ風の吹く夕方を楽しむ– 8月の夕方は特に楽しい。 日が落ちると波が立つので、夜のマリーナ・ベイのウォーターフロントを散歩したり、涼しい空気の中で外で食事をしたりするのに最適だ。 夜になると、ニュートン・フード・センターのような活気あるホーカーセンターやフードコートが賑やかな場所に変わり、気持ちのいい空気を吸いながら美味しいローカルフードを楽しむことができる。
  4. 快適な屋内アトラクション– 屋内にいたいと思う人にとって、8月の乾燥した気候はシンガポールの多くの屋内観光スポットを簡単に楽しむことができる。 暑さがなければ、オーチャード・ロードでショッピングをしたり、美術館でアートを鑑賞したり、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイのクラウド・フォレストのような屋内の不思議な場所を探検したりするのも楽しい。

シンガポールの8月は、乾燥した気候と風の強い気候が混ざり合い、街を活気づける。 晴れ渡った空と爽やかな雰囲気が、アウトドアでの冒険と屋内でのゆったりとした体験の両方を後押しする。

9月南西モンスーンの終わり

9月に入り、シンガポールでは南西モンスーンの季節が幕を下ろした。 今月は過渡期であり、雨が徐々に頻繁に降るようになるが、8月のような乾いた風の魅力は残っている。

  1. 太陽とにわか雨のミックス– 9月になると、モンスーンの合間を縫って天候が再び変わり始める。 気温は通常27℃から31℃と暖かいままだが、空気は湿度を取り戻し始める。 雨が降ることも多くなるが、特に午後から夕方にかけて、短時間の適度な雨が降り、街のリズムに爽やかな変化をもたらす。
  2. 雨でも楽しめるアウトドア・アクティビティ– この時期はまだ、シンガポールのアウトドア・アトラクションを探索するのに適している。 サザン・リッジズのような場所では、雨に濡れた紅葉の美しさも加わり、風光明媚なウォーキングが楽しめる。 雨の日は、街の自然地区や公園に行くのにも最適で、空気は爽やかな雨の香りがし、植物は青々として色鮮やかだ。
  3. 気候の変化に伴う祭りと祝い– 9月は文化的にも豊かな月で、例年中秋節が開催される。 ランタンが夜空を照らし、月餅が振る舞われるこのお祭りは、天候が雰囲気を盛り上げる。 雨上がりの涼しい夜は、屋外での展示やイベントなど、お祭りに参加するのにぴったりだ。
  4. 雨の日の屋内リトリート– マレーシアの屋内サイトは、長雨の日に最適だ。 屋内テーマパークやエンターテインメント・センターに行ったり、複数のショッピングモールで買い物をしたり、スパに行ったりするには絶好の時期だ。 エスプラネードのような文化施設では、多くのショーや展覧会が開催されており、リラックスして芸術を楽しむには絶好の場所だ。

シンガポールの9月はバランスの月である。 モンスーンの最後のそよ風を味わい、爽やかな雨が戻ってくるのを歓迎し、オープンスカイの下でも居心地の良い屋内スペースでも、この街の多様な魅力を最大限に満喫できる時期だ。

10月モンスーンの時期が始まる

10月、シンガポールは変わりやすい天候を特徴とするインターモンスーンの時期に入る。 今月は晴れの日と突然のにわか雨が混在する。 空は予測不可能な時期であり、街の生活に自発的な感覚を加えてくれる。

  1. 驚きの天候– 10月のモンスーンの間は、折衷的な天候パターンをもたらす。 気温は一般的に26℃から31℃の間だが、湿度が再び上がり始め、日中は暖かく感じられるようになる。 雨の降り方は不規則で、明るく晴れた朝がすぐに午後の豪雨に変わることもあり、暑さとは対照的に街の雰囲気に活気とダイナミズムを与えている。
  2. アウトドアプランの適応– 10月に外で何かをするときには、柔軟性が重要だ。 穏やかなチャイニーズ・ガーデンや賑やかなジュロン・バード・パークなど、シンガポールの多くの庭園や公園を訪れるには絶好の季節だ。 雨は自然の美しさの表情を変え、より興味深いものにする。 晴れた日の休憩時間には、乗馬や街の歴史的な小道を散策するのも楽しいものだ。
  3. 10月も様々な文化的イベントやフェスティバルが開催される。 リトル・インディアのような地域では、ディーパヴァリの準備とお祝いが色彩と光と活気で溢れ、雨上がりの夕方の涼しい時間帯に楽しむことが多い。 天候も祝祭ムードを盛り上げ、雨は探検や楽しみのための涼しく快適な環境を作り出す。
  4. 雨の午後におすすめの屋内アトラクション – 雨が降り続くようなら、シンガポールの屋内アトラクションを利用しよう。 イオン・オーチャードやサンテック・シティのようなモールは、ショッピング以上のものを提供している。 また、食事をする場所や楽しいこともたくさんある。 文化教育は、シンガポール美術館のような博物館や美術館で学ぶことができる。 屋内プレイエリアやスポーツ施設は、あらゆる年齢の人々に忙しい楽しみを提供している。

シンガポールでは、10月は極端な月である。 街の魅力と同様に天候も変化に富んでいる。 この時期には、シンガポールの豊かな生活と文化を満喫しながら、晴れた太陽と雨の涼しさ、両方の良さを味わうことができる。

11月雨が戻る

11月のシンガポールでは、北東モンスーンの季節の始まりとともに雨が強くなる。 これは、自然界で物事がどのように機能しているかをソフトに思い出させてくれる。 今月は雨の日が多く、街を冷たく濡れた毛布で覆うため、人々はこの月を季節の変わり目と考えることが多い。

  1. 頻繁なにわか雨の復活– 11月に入ると、シンガポールの天気は明らかに雨模様になる。 気温は通常24℃から31℃と暖かいままだが、雲が増え、定期的に雨が降るため、よりソフトで湿度の高い、別の種類の暖かさがもたらされる。 11月の雨は前の月よりもしつこく、しばしば長く降り続き、時には激しい豪雨となる。
  2. 雨の日も屋外で– 雨が多くなっても、外を楽しむ方法はたくさんある。 公園での短い散歩や街歩きでは、雨はしばしば断続的に降り、その合間に晴れ間が見える。 シンガポール植物園やガーデンズ・バイ・ザ・ベイは、雨をしのげる歩道や見事な温室があり、雨に濡れた青々とした植物に囲まれて、雨の日の素敵な隠れ家を提供してくれる。
  3. 文化的イベントと屋内アクティビティ– 11月は、リトル・インディアの明るいディーパヴァリ・パーティなど、文化的イベントも多い。 雨は、通りを光と色が跳ね返る芸術作品にすることで、気分を良くする。 楽しみたい人は、街の中でいろいろなことができる。 雨が降っていないとき、シンガポールでは屋内ですることがたくさんある。 大きなモールでは買い物も食事もできる。 博物館や美術館では、芸術や文化について学ぶことができる。
  4. シンガポールのソフトな一面を体験できる1カ月– 11月は雨が多く、シンガポールにソフトで内省的な一面をもたらす。 素敵なカフェでお茶をしたり、スパでのんびりしたり、家の中で雨とともに変化していく街の様子を眺めたり。

シンガポールの11月は雨の多い月で、街の美しさは一味違う。 今月は、街の穏やかな面を楽しみ、雨粒の単純な喜びに喜びを見出し、空が晴れたら屋内でできるあらゆる楽しいことを学ぶ月である。

12月北東モンスーンが再び始まる。

12月のシンガポールは新しい北東モンスーンの季節で、空は再生の物語に満ちている。 この時期は気温が低く、雨が降り続くため、一年の終わりに近づくにつれ、雨は降るものの、街は涼しい雰囲気に包まれる。

  1. モンスーンの涼しさ– 北東モンスーンはシンガポールの気候に顕著な変化をもたらす。 12月の気温は通常23℃から30℃の間で快適だ。 この暑さの低下は、雲の増加や頻繁なにわか雨と相まって、街に心地よい涼しさをもたらし、典型的な熱帯の暑さからの歓迎すべき変化となっている。 雨はしばしば激しく、長く降り続き、街の日常生活のリズミカルな背景となる。
  2. 涼しい気候でのアウトドア・アクティビティ– 12月は雨が多いが、シンガポールの公園や庭園はまだまだ楽しめる。 涼しい気候なので、チャイナタウンやカンポングラムなど、街の文化エリアをゆっくり観光するには最適だ。 シンガポールの植物園やガーデンズ・バイ・ザ・ベイのクラウド・フォレスト(雲霧林)などは、雨が降ると緑が蘇る。
  3. 雨の中の祝祭– 12月はクリスマスや新年のイベントが街中で開催されるため、ハッピーな月である。 オーチャード・ロードのクリスマス・ライトアップは、きらびやかなイルミネーションとホリデー・デコレーションが、雨に濡れた街路にいっそう映える見事なショーだ。 雨の降る涼しい夜は、ホリデー・ショーを楽しみ、ホリデー・スピリットに浸るにはもってこいだ。
  4. 屋内の暖かさと快適さ– 雨が降り続く日には、シンガポールの屋内アトラクションが暖かさとエンターテイメントを提供してくれる。 ショッピングモールは華やかな装飾で飾られ、陽気なショッピングを楽しむことができる。 エスプラネードのような文化施設では、さまざまなパフォーマンスが催され、屋内でも楽しめる。 カフェやレストランも居心地の良い隠れ家となり、暖かい食事や飲み物を楽しみながら雨を眺めることができる。

シンガポールの12月は、涼しい気候、お祭り気分、雨の日の魅力が融合している。 この時期には、外の涼しい空気とホリデー・イルミネーションを楽しんだり、家の中でくつろいだりして、より暖かく、より内省的な街の一面を楽しむことができる。 北東モンスーンが穏やかで楽しいホリデーシーズンを演出する。